トップ / たくさんある投資の選び方

サラリーマンの投資術

たくさんある投資の選び方

リスク別にみる投資の種類

調べてみると投資にはいくつもの種類が存在しました。
大きく分けると3種類。

ハイリスク・ハイリターン(先物・FX)
ミドルリスク・ミドルリターン(不動産・株式・REIT・投資信託・外貨MMF)
ローリスク・ローリターンです。(外貨預金・国債・太陽光発電や風力発電などの再生エネルギー

投資にはやはりリスクが付きものです。
とはいえ、家族を抱えている身なので慎重にいかなければいけません。
大きな損失を出してしまっては家族に合わす顔がない。というか離婚沙汰である。

そこでまず考えたのはローリスク・ローリターンの投資。
まず有名な外貨預金をみてみると。
期待できる利回りは1%~5%程度。しかも手数料がとっても高い。

次にこれもよく聞く国債をみてみると。
1万円から投資ができる!
しかし金利が低すぎる。
固定3年
0.05%
固定5年
0.05%
変動10年
0.26%
銀行預金とほとんど変わらないではないか。
これじゃあ10万円手が届くのはいつになることやら・・・

てことで、ローリスク・ローリターンは諦めて、ミドルリスク・ミドルリターンで考えてみることに。
代表格である不動産投資で考えてみても、不動産というと何千万というもの。
ローンを組むにしても1万円じゃどうにもこうにもならないですね。

次に株式投資を調べてみましたが、これもまた1万円では始められない・・・

“数千円程度の少ない資金から投資を行なえるFXと違い、株式投資では最低でも5万円や10万円程度の資金(軍資金・初期費用)が必要となってきます。

出典
株式投資にはどれくらいの資金が必要か?|株の初心者の入門ガイド

しかし、株式投資について調べているとミニ株投資をいうものも発見!
1万円以下ではじめられるとのことです。
だが、これにもデメリットがありました・・・

“ミニ株・プチ株・S株は、売買可能な取扱銘柄が証券会社によって異なります。
また、単元未満株は通常の単元を1/10や1/100にして購入できるわけですが、単元株の単位が「1株」のものはそれ以上、小さく出来ないわけですから購入することが出来ません。
つまり、通常の単元株の取引よりは取り扱える銘柄が限定されます。

出典
ミニ株、プチ株、S株の利点・注意点-初心者の株式投資

それに加えて、ミニ株では売買できる時間、約定株価の決定方法が決まっているようです。
自分の好きな時間、リアルタイムでの売買ができないのです。
これは大きなデメリットですよね。

と考えてみると一番現実的なのはFXかな・・・
ハイリスク・ハイリターンと言われているけれど、やはり1万円を1年で10万円にするためにはノーリスクというわけにはいかないのですよね。
FXもきちんと理解して正しい方法で行えば大丈夫なはず。
しかも少しの空いた時間でできるのは大きな利点。
サラリーマンでも休み時間や休日にできるので安心です。

ではFX初心者、むしろ投資初心者がFXで安全に儲けるための方法を調べていきたいと思います!!

Copyright © 投資をはじめるきっかけ. All rights reserved.